当前位置:宠文网 > 巫山传

巫山传

作者:扶兰

上传时间:2020-11-21

 之一:石头记

  【一、】

  春雨淅沥,淡淡的暮色自浅绿窗纱透入厅堂,梨花长案上那尊玲珑剔透的太湖石,笼在这片淡绿的光芒之中,淡淡的白雾自石身的无数小洞中弥漫而出,袅绕上升,隐隐然有凌云之气。

  窗外细雨缠绵,厅堂中静寂无声。

  许久,一声满足的叹息响起:“对此石如对海外仙山。道家云海内有七十二洞天福地,但以朕看来,无一处能及此石之清奇灵秀。朕以为,可以将它命名为‘七十二洞天’,蔡卿家以为如何?”

  静立一旁的相爷蔡京躬身答道:“臣以为再确切不过。得官家赐名,便是顽石也当感激不尽。官家何不将此名题在石上,以传后人?”

  徽宗皇帝微微一笑:“蔡卿家的字,天下推崇,不妨由蔡卿家题上吧。”

  当今之世,书法大家无过于米芾、蔡京、苏东坡与黄庭坚,天下并称为米蔡苏黄四大家。

  蔡京笑道:“臣之字,固然颇合世人俗眼,但要题上这尊仙石,未免浊尘太重,俗骨污人。官家之字,才真正能配得上这尊仙石的清奇灵秀。请恕臣不能从命。”

  徽宗皇帝莞尔:“蔡卿家太过谦逊了吧。”

  话虽如此,徽宗皇帝仍是欣然提笔,在石身隐秘之处寻到一处所在,凝神片刻,挥毫写下“七十二洞天”五个蝇头小字,别具风格的瘦金体,峭拔脱俗一如这尊太湖石,宛然一体,令得徽宗皇帝自己也大觉满意,后退两步,端详一会,说道:“好好赏赐进贡的苏州知府。太湖奇石众多,着他继续用心搜索。”

巫山传
 相关书籍:王菲多年后再上春晚,她的女儿发了10个字道出了一件事 与天地同兽 悠悠猫心 穿越之天使魔法 毒手阎王令 中我不得不受 至纯生命 官场交易:女大学生随波逐流 单行道 幺子难当
《巫山传》全文阅读
 之一:石头记
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【后记】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【十一、】
【十二、】
【后记:巫山十二峰之飞凤峰】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【十一、】
【十二、】
【后记:巫山十二峰之集仙峰】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【十一、】
【十二、】
【十三、】
【十四、】
【十五、】
【十六、】
【十七、】
【十八、】
【十九、】
【二十、】
【二十一、】
【二十二、】
【二十三、】
【后记】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【后记】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【十一、】
【十二、】
【十三、】
【十四、】
【十五、】
【十六、】
【后记】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【十一、】
【十二、】
【十三、】
【十四、】
【十五、】
【十六、】
【十七、】
【后记:巫山十二峰之翠屏峰】
【楔子】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【十一、】
【十二、】
【十三、】
【十四、】
【十五、】
【后记】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【六、】
【七、】
【八、】
【九、】
【十、】
【十一、】
【十二、】
【十三、】
【后记:襄阳六州】
【一、】
【二、】
【三、】
【四、】
【五、】
【后记:宋金和尚原之战】
春雨淅沥,淡淡的暮色自浅绿窗纱透入厅堂,梨花长案上那尊玲珑剔透的太湖石,笼在这片淡绿的光芒之中,淡淡的白雾自石身的无数小洞中弥漫而出,袅绕上升,隐隐然有凌云之气。
窗外细雨缠绵,厅堂中静寂无声。
 关键字:巫山传,巫山传全文阅读,扶兰